野菜の栄養を取る理由

国から毎日350グラム以上の野菜を食べましょうといった意見が出されています。野菜は時期によって美味しい野菜が違いますし、今年の新型コロナウイルスのように野菜の価格が高騰することもありますので、毎日350グラム以上の野菜を食べるというのは、中々ハードルが高いと言えます。しかし、なぜ国は、わざわざ野菜を食べるような指導をするのでしょうか?

野菜を食べる理由のひとつに、大腸がんの予防が挙げられます。野菜に含まれている食物繊維を摂取することによって、腸内環境を整え、大腸がんを抑制することができるのです。また、大腸がん以外のがんも、野菜に豊富に含まれているカリウムや抗酸化ビタミン、そして食物繊維が効果的な予防をしてくれるといった研究結果も発表されております。350グラムの野菜は、がんの予防効果を発揮するために必要な摂取量になっているのです。他にも野菜には、免疫力を向上する効果や抗酸化作用を向上させる効果が期待できます。今年の新型コロナウイルスの感染リスクを減らす上でも野菜は重要なファクターとなりました。

そして野菜を摂取することは肥満を予防する効果が期待できますので、健康的で若々しい身体を維持することができるようになるのです。野菜を毎日350グラムずつ、定期的に摂取することができるようになるためには、野菜についてもっと深くしならなければいけません。引き締まった体系を維持しつつ、スリムで健康的な身体を維持するためには、どのような野菜を食べたらよいのかを考えていかなければいけないのです。


▼管理人おすすめサイト紹介
仕事や育児などで忙しい方は、1日に350グラム以上野菜を食べるのは難しいという方もいるかと思います。最近では、わざわざスーパーに行かずともネットで農家直送の野菜を買える宅配サービスが多くあります。その中の一つをご紹介しますので、ぜひお役立てください ⇒ 野菜 宅配