野菜の上手な食べ方

毎日の生活で、効果的に野菜を食べようと思ったら、多くの野菜を無理なく食べることができる調理方法をマスターする必要があります。野菜が水溶性なのか脂溶性なのかなどを気にして調理方法を選ぶことによって、より多くの栄養成分を摂取することができます。

野菜の特性に合わせて調理方法を選ぶことも忘れずに野菜の栄養素を壊さないように摂取するならサラダが最も適しているのですが、寒い季節にサラダばかりを食べてしまうと、身体を冷やしてしまうことにも繋がります。身体の冷えはむくみなど体重増加を助長してしまいますので、季節に合わせて調理方法を変えていく必要があります。また、合わせて調理方法の難易度や手間の少なさなども重要なポイントになります。毎日食べる物ですので、なるべく手をかけずに、時間もかからない調理方法を選ばないと、続けることが難しいからです。

野菜を毎日、無理なく食べ続けられる調理方法としておすすめなのがお鍋です。お鍋でしたら、主食を食べずとも満足度が高くなっておりますし、洗い物も少なくて済みます。また、調理も非常に簡単ですのでズボラさんにもおすすめです。お鍋が面倒だという方は、シリコンスチーマーで温野菜サラダなどを作ってみてはいかがでしょうか?野菜の甘みを最大限に味わう事ができますので、こちらもおすすめです。